ヨーグルトを使ったカッテージチーズをつくった

ヨーグルトを使ったカッテージチーズをつくった

ヨーグルトを使ったカッテージチーズをつくった

自家製カッテージチーズの材料を揃えに、スーパーで買い物を
してきました。 作るのは、ヨーグルトを使ったカッテージチーズ。
材料にレモンを入れず、代わりにヨーグルトが入ります。

牛乳とヨーグルトを鍋に入れて、沸騰寸前まで鍋の中をかき混ぜ
温度を一定にします。
この作業をしていると、アルプスの少女ハイジが、お爺さんのお手伝いで
チーズ作りをするシーンを思い出します。

大鍋に入っているヤギの乳を棒を使って、一生懸命にかき混ぜる
ハイジの姿。。。う〜ん、懐かしい!
一番最初は、ハイジが山に行ってしまって、鍋の中味が沸騰してしまい
真っ黒に焦がしちゃったんだよね。 そんなことを思い出します。

 

沸騰寸前で火を止めて、しばらく放置した後、分離したチーズと
ホエーを、キッチンペーパーをしいたザルを使って濾します。

 

 

茶巾しぼりつくるようにキッチンペーパーの上部をねじって絞ります。
力を入れ過ぎると、ペーパーが切れてしまうので注意。

好みの柔らかさになるまで、キッチンペーパーで水分を絞って
いきます。(時々、中の様子をチェック!)
指で触ってみて、好みの固さになったら容器に移してできあがり。

 

絞りすぎると、水分が抜けすぎてバサバサになるので注意。
今回は、気持ちゆるめ程度に仕上げてみました。
試食してみると、ヨーグルトが入っている分、前回よりも乳分多めの
味がします。 前回がレモン風味だったので、今回はなんだか
乳分のみだと物足りなく感じたので、1%の食塩を入れ混ぜてみると
カッテージチーズ全体の味がしまりました。